現代における自動車普及は一般にも広まり、今や一家に一台から一人に一台という世帯も珍しくない程、身近な乗り物になってきてきました。それゆえ、買い物やレジャー等、どこに行くにしても自動車が利用され、日常の足として親しまれるようになってきました。
しかし、近年、ガソリンが値上がりし、家計に大打撃を与えるようになってきました。消費税も近いうちに上がることもあり、自動車利用にかかる費用はできるだけ抑えたいというのが全員の望みであると思います。
そこで、誰もができるエコ運転の方法があります。それは、まず、急加速、急発進をしないことです。これらを行うと、とてもエネルギーを使います。人間の場合で考えてもらうとよりわかりやすくなるのですが、100mを急に走っては止まり、急に走っては止まりを繰り返すと、一定のスピードで100mを止まらず全力疾走するよりも疲れることは明白なはずです。また、重たい物を持って走行するよりも、できるだけ何も積まないで走る方が燃費もよくなります。そのため、ガソリンを満タンにして入れるよりも2000円分、3000円分しか入れないで走った方が、自動車の重さもなくなり、燃費も良くなるそうです。
a0001_008109

ガリバー評判