不必要な燃料消費をする運転操作

不必要な燃費消費をする運転操作は、いくつも挙げられます。すぐに思いつくものと言えば、急発進、急ブレーキです。信号が変わったと同時に、アクセルを勢いよく踏み込み、急発進する車をよく見かけます。あれは、ガソリンを多く消費してしまう代表格と言えるでしょう。
静かにアクセスを踏み込み、発進させるようにすれば、ガソリンもあまり多く消費しなくて済みます。但し、あまりゆっくりすぎると、逆に消費を増やしてしまうので、適度な発信速度が肝心です。また、目的地に到着したとたん、大きなブレーキ音が鳴り響くぐらいの急ブレーキをかける車も、よく見かけます。これも、ガソリンを多く消費してしまう代表格です。目的地に近づいてきたら、少しずつスピードを落としていき、静かに停まるようにすれば、ガソリンを多く消費しなくて済みます。その他に、アイドリングもあげられます。車を停止している状態で、エンジンをかけ続けていると、ガソリンを多く消費してしまいます。車を停める場合は、こまめにエンジンを切るようにすることが、不必要な消費を少なくする有効手段です。また、無駄な空ぶかしはしないことも大切です。車によって違いはありますが、基本的なことをおさえれば、不必要な消費は少なくなることでしょう。
af0060019988m