発進は一呼吸おいて、それからアクセルを徐々に踏み込みましょう。

お車をお持ちの方はやはり燃費、気になりますよね。 テレビCMなどを見ていても燃費が良いガソリン車やハイブリッドカーをよく見かけます。 燃費が良い車は魅力的ですね。

ただ、同じ車に乗っていても、走行パターンによって燃費が変わってくる、ということはご存知でしょうか。 少しドライビングに気を使うと、それだけで燃費が向上する可能性があります。 その方法をご紹介します。

では最初に、普段のご自身の運転を振り返ってみてください。 信号が赤から青に変わって車を発進させるとき、アクセルを踏み込んでいませんか? 心当たりがある方も多いのではないでしょうか?

もちろんアクセルを踏み込んだ方が加速も良いですし気持ちが良いですね。 しかし、それが燃費には悪い影響を及ぼします。

加速が急であれば急であるほど、エンジンの回転数は上がり、それに伴って使用されるガソリンの料は増加した結果、燃費は低下します。

日常の運転の中では、特に街中で運転していると、信号待ちで停車することも多いかと思います。 信号が青になった際は、一呼吸おいて、それからアクセルを徐々に踏み込む運転に変えてみましょう。 毎回気にすることで、燃費の変化にきっと気がつくことでしょう。

もしよろしければ参考にしてみてください。
a0002_005111