加速をしすぎて目標速度を超える

車の燃費が悪いと感じている人は、まずは自分の運転を見直すようにしてみましょう。
多くの方は加速をしすぎて目標速度を超えるオーバーシュートをしてしまっている可能性があります。
目標速度を超えてしまうと、その超えた分だけ燃料を消費してしまうことになります。
加速のし過ぎは控えるように心がけるようにしましょう。
最も良い方法は、初めはゆっくりとアクセルを踏み、そして徐々にスピードが出て来ると同時にアクセルを強めていきます。
タコメーターがある場合は1500回転で発進するようにしてみましょう。
非常に低い回転数で、初めての方はイライラしてしまうこともありますが、燃費がかなり向上します。
実際都会の道路では信号が多く、1500回転程度でゆっくりと発進しても不満に思うことはそれほどありません。
中には急いで発進してもすぐに信号に捕まってしまい燃料を無駄にしてしまうこともあります。
田舎の場合では1500回転での発進は後続車へ迷惑を掛けてしまうこともあります。
そのため、後続車がいる場合は2000回転をめどに発進を心がけるようにしましょう。
田舎の場合は信号が少なく、一定のスピードで走行しやすいため、それだけでかなりの燃費向上ができます。
af9920061939m