先の状況をよく見て、アクセル一定で走行

運転が不得意な人の走行を見ると、速度が一定でなく速くなったり遅くなったりすることがよく有ります。
このような運転は後続車からするととてもストレスが溜まる運転と言え、後続車による無理な追い越しや追い抜きを誘発させ、重大な事故を起こしてしまう可能性すら否定できません。
このような重大な事態を事前に防ぐためにも、周りの自動車の流れをよく把握してアクセルを一定にした状態で速度を保ちながら運転することを心がけましょう。
また坂道や下り坂ではアクセルを少し吹かしたり、ゆるめたりすることで、速度を安定させることができます。
運転が不得意な人の場合、坂道に入って速度が落ちてからアクセルを踏む方が少なくありません。
これは周りの状況をしっかりと把握できていないことにほかなりません。
まず自分がこれからどのような道を走るのかをしっかりと把握することから始めましょう。
これから上り坂を走るのか、下り坂を走るのか、この先にカーブは無いかなど事細かに注意するようにしましょう。
そして状況をよく確認して、上り坂があるとわかれば、上り坂に差し掛かった瞬間から、速度メーターが動かないようにアクセルを付加して速度を保つようにしましょう。