走行パターンと燃費

自動車の燃費性能、お車をお持ちの方は気になることがらなのではないでしょうか? 燃費性能が高い方が当然ガソリン代等の燃料代は安く済みますし、少し前から地球規模で問題となっている環境にも優しいので良いことづくめです。

ところで、走行パターンによって燃費を向上させることができる可能性があることはご存知でしょうか? ご自身の運転の仕方によって、今お持ちのお車の燃費性能が向上する可能性があります。

車は、「走行時」「発進時」「減速時」「停車時」、いつガソリンを使用しているでしょうか? 答えはご想像の通り、全てのタイミングで使用しています。 エンジンがかかっていればガソリンを使うのです。 そして、一番ガソリンを使うタイミングはエンジンの回転数を上げるとき、つまり加速時です。

よく「急」がつく運転は危険と言われますが、実は危険であるだけではなく燃費にも良くありません。 急加速時は当然エンジンの回転数を上げるタイミングなので、ガソリンを沢山使用してしまいます。 それなので、加速時はゆっくりと加速をするように意識しましょう。 アクセルの踏み込みすぎには要注意です。

そのような運転を心がけるだけで、ご自身の車の燃費が向上するのを実感できるかもしれません。 もしよろしければ、参考にしてみてください。