すぐ先で停止しなくてはならないのに、いつまでも加速を続けている

最近のお車では、1L当たり何キロ走っているかを表示してくれる機能のついているものも多くありますね。 ガソリン価格の高騰や環境問題もあって、燃費を意識される方も増えて来ているように感じます。

ところで、全く同じ車に乗っていて、全く同じ道を走行していても、運転する人によって燃費が変わるというのはご存知でしたでしょうか。驚かれる方もおられるかもしれませんが、事実、運転する人の走行パターンによって車の燃費は変わってきます。

それでは、ご自身の運転の仕方を振り返ってみてください。停止状態から発進する際、またはすいている道路を走っているとき、アクセルを踏み込んでエンジンの回転数を上げすぎてはいないでしょうか? エンジンの回転数を上げるタイミングは、ガソリンを多く使うタイミングです。 つまり、平均燃費の悪化につながるタイミングですね。

また、前方で信号待ちや渋滞していて停止が必要なのが分かっているにも関わらず、アクセルを踏んで加速したりしてはいないでしょうか。もしそうなら、無駄なガソリンを使用してしまっていますね。

このように、ちょっとした運転時の気の使い方で燃費は向上します。 エコドライブという言葉も流行っている時代です。 燃費と環境のため、運転の仕方にも気を使いたいですね。
af9920061979m