停止位置を予測して、早めにアクセルオフ

車の燃費は走行方法によって大きく変わります。
燃費は燃料に対してどれだけの距離を走ることができたか数値で表したもので、高速道路を一定速度で走るような場合は燃費がよくなります。
しかし市街地や渋滞などでは燃費が悪くなります。エンジンはかかっているけど信号待ちなどで走行しない時間のほうが多くなることや、止まっている状態からアクセルオンで走行するため余分に燃料を消費してしまうためです。
このような市街地などで燃費を少しでもよくするためにはスムーズな加速とスムーズな停止を行うことです。
発進時は急発進しないことです、余分な燃料を消費してしまいます。信号や前後の状況を確認しながらオートマチック車ならブレーキを離してクリープ現象を利用しゆっくりと加速します。
停止時には停止位置を予測して早めにアクセルオフにするなどコントロールします。
アクセルオフで減速しているときは燃料はほとんど消費しません。信号や停止位置を予測し早めにアクセルオフをしてエンジンブレーキを利用してゆっくりと止まるようにすればアクセルオフの時間が長くなるので燃料をあまり使わなくてすみます。
またエンジンブレーキを利用すればブレーキパッドの摩耗も少なくて済むといったことにもつながります。