前車との車間距離が短く、流れの速度が少しでも変わると減速・加速をしなくてはならない

安全な車の運転とは、加減速を繰り返さ無い運転であり、この運転の方法が燃費の節約になります。
加速・減速を繰り返す運転を波状運転と言います。加速をしても車間距離が詰まって又減速をしなければなりませんが、高速道路では追い越し車線から、本線にと車線変更を繰り返す車を見返ることがありますが非常に危険な運転方法です。
では安全でエコな運転とはどのような方法でしょうか、1)スタート、アクセルは穏やかに押してスタートをします、穏やかにスタートすることで、燃費を10%節約できると言われています。2)車間距離はゆとりをもって、一定のスピードで運転します。交通状況に応じた運転を心がけることにより、燃費が節約できます。3)減速時には早めにアクセルから離そう、信号が赤に変わる場合は早めにアクセルから足を離すことにより、エンジンブレーキが利きますので、燃費が2%程度節約できます。4)エアコン使用は適切に、適切な温度に心がけることに燃費が節約できます。5)アイドリング、無駄なアイドリングは排気ガスをだし、燃費の無駄です。6)渋滞を避ける、渋滞を避け余裕をもって出発するは安全運転にとって欠かせないことです。7)車の整備、車が整備されていない事には運転は出来ません、タイヤの空気圧が適正より不足すると、燃費を多く消費します。
以上のことを実行することで、安全でエコな運転が可能になります。